毎日、新しい発見がしたい!


by yukidaruma-snow7

カテゴリ:REST( 4 )

お休み

昨日、今日と2日お休みでした。6連勤の後のお休みだったこともあって、本当によく眠りました。よく眠ってのんびり何もしなかったおかげで少し元気回復。やっぱり人にはお休みが必要です。忙しいばかりだと気持ちもすさんでくるもんね・・・。昨日の夜は料理もしたくなかったので友達とイタリア料理やさんへ。イカ墨のパスタで包まれたお魚・・・・のパスタ・・・ってなんか表現するのが難しいけど、とっても手の込んだお料理をいただいて気分も上々。二人でおいしいワインを一本あけちゃいました。いっぱーい日本語をしゃべってストレス解消。やっぱりこの国にいると週に一回は日本語を猛烈にしゃべりたくなります。それでなくても英語だとしゃべりたいことの半分もしゃべれてないようなきがしていつもフラストレーションだから!!やっぱりたまにいく外食はいいものですね。また明日から6連勤務・・・・がんばらなくっちゃ!!
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2008-03-01 02:09 | REST

ブルームまでの旅②

今日のパースは寒いです。最高気温は20度位。もうすぐ11月だというの、にいつになったら夏になるのでしょうか。
ところで、私達のパースからのツアーは21人!という大人数のツアーでした。国籍はイギリス、南アフリカ、AUS、オランダ、ドイツ、スイス、日本、でイギリス人と日本人が一番多かったのかな。21人でマイクロバス一台、なので結構きつきつ、バスの乗り心地は今一でした。しかし、この21人で(途中多少の入れ替わりはあった)10日間寝食を共にしたので最後には結構みんな仲良し家族のようになっていました。10日のうち6日間はバックパッカーに泊まれたのですが、後の4日間はキャンプ。その内一日はトイレも(もちろん水道、電気も)ないブッシュキャンプと呼ばれるものを体験しました。水道もないので、もちろん丸3日間はシャワーも浴びれず、行く前はどうなることか、とっても心配でしたが、いざ、行ってみると昼間に川で泳いだりできたおかげでさほど苦痛を感じることはなくキャンプ生活を過ごすことができました。ただ4日目にシャワーを浴びたときは体や髪を洗うと3日間で体についた赤い土がいっぱい流れ出ていましたが。そのシャワーの気持ちよかったこと!!これまた人生初の感覚でした。
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2005-10-25 13:57 | REST

ブルームまでの旅 ①

無事に帰ってきました。3000キロ、15日間の旅から。第一の感想はAUSは広かった。ということ。これにつきるなあ、バスに乗っての10日余り、丸一日車窓からの景色が同じだったことが何度あったことか。バスの中で何度うたた寝をしても目が覚めると目の前に広がる景色は同じ。
右も左も前も後ろもただただ赤土に草が生えた大地が広がっているだけ。交差点があってもどっち方向に曲がっても景色は同じ。最初はどこまでも続く地平線に感動していた私もこれだけ続くとちょっと飽き気味に。最後には本当にバスはブルームに向かって進んでるのかなあ?という気分にっちゃいました。AUSの広いことは頭ではわかっていたつもりだけど、実際こうやって体験してみると広いのもいいことばかりじゃあないなあ、と。ちょっぴり日本の狭さを誇らしげに思ったりする今日です。帰りは飛行機だったので2時間半でパースへ。飛行機のありがたさを実感しました。
 パースからブルームまでの行程の中で一番私を感動させたのはやっぱりビーチの美しさ。水色ともエメラルドグリーンともいえない美しいビーチにたくさんの魚、ウミガメ、えい、さめ、等がゆうゆうと泳いでいる姿には本当に感動!AUSに来てよかった、旅に出てよかったなあ、と思いました。やはり海の美しさは今までに見たどこの海よりも勝っていました。
それについで感動したのはNP。NZのNPとはまったく違った荒々しい美しさ。赤土とごろごろした岩の中に流れる川、そして、青い空、この美しさはまさに私のイメージするAUSでした。
しかし、内陸部は本当にどこもかしこも乾燥していて、川もすっかり水のないところが多く、あちこちで牛や羊が強い太陽にやられて、骨と皮の姿になっていました。水の大切さ、AUSの内陸部で生きていく大変さを実感しました。この旅に出る前の私と今の私が一番違うのは水の大切さを実感して、水に対する考え方が変わったこと。日本は本当に水と緑がきれいで幸運な国だな、と思います。
また旅の詳細は次投稿で。



 

 
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2005-10-22 13:13 | REST

病院

最近すべてが新しい生活で少々お疲れ気味だった私はとうとう風邪をひいてしまいました。日本から準備万端にいろいろな薬を持ってきていたのでさっそくそれを飲んで休んでいたのですが、なかなか治らず、やっぱりこっちの風邪はこっちのくすりじゃあないとなおらないのかなあ、と思い、病院にいってきました。パースには日本語の通訳さんがいる病院があるので、とても安心。日本で言うクリニックみたいなところに行ってきました。先生も看護婦さんもみんな私服で全く病院といった雰囲気はなく、リラックスできる雰囲気でした。結局、扁桃腺炎と鼻炎、風邪、ということで4種類の薬をもらいました。これで治るといいんだけど。
 最近のパースは晴天続き。すっかり春といった雰囲気。外を歩いて太陽の光を浴びているだけで殺菌されて風邪が治りそうな気がするほど。こんないい天気なのになんで家で寝てなくちゃいけないのかなあ、なんて思いながらここ2.3日を過ごしています。きっと明日には元気になってるはず!!!
 
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2005-07-27 12:01 | REST