毎日、新しい発見がしたい!


by yukidaruma-snow7

カテゴリ:お仕事( 30 )

夜勤

とうとう2週間の夜勤が終わりました・・・・ふう・・・。とーっても疲れました。久しく夜勤をしていなかったこともあってか、夜勤を始めたらほんと仕事、帰宅、寝る、仕事・・・の繰り返し。なんか私って生きてるのか、死んでるのか・・・ってわかんなくなるような錯覚に陥ってしまいました。昔や金していたころはそんなに大変だとも思わなかったし、結構夜勤好きな子だったのに。年をとったせいなのか、すっかりへとへとになりました。職場のみんなから大丈夫?疲れてるんだね・・・って言われるくらいだったのでやっぱり誰がみてもお疲れだったようです。昨日も今日もほとんど寝て起きて、食べての繰り返し。ようやく少し元気が戻ってきました。明日からは日勤勤務にも戻ります!!やったーー!!
パースは寒い冬。本当に冬は全くすることのない町です。早く夏がこないかなあ・・・。
ブログ更新さぼりつつあってすみません。これからはもう少し更新しなくっちゃ!!
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2008-07-02 01:01 | お仕事

今日のパースは大嵐。雷、大雨・・・と久々の荒れた天気でした。こっちは雨が降ると日本ほど排水の設備がよろしくないので道路はすぐに水没。今日仕事に行く道ではあちこちが水没。車動くかなと思いながら大きな水溜りの道路へ突進!!すっごい水しぶきを上げながらのろのろと仕事場へ行ってきました。これがパースの道路事情です。
 最近仕事はちょっぴりのんびりモード。なのでちょっと楽チン。なのですが・・・来月は久々の夜勤がやってきます。うちの病院は夜勤になると2週間ぶっ続け・・・・とはいえ4日間仕事、3日休みの一日10時間勤務です。なので夜勤は計8回、でまた日勤の生活に戻ります。
久々の夜勤なのでちょっぴり緊張・・・。でも楽しみでもある・・・・
まあ始まりは7月半ばからなのでもう少し今の日勤生活を楽しむことにします。
話は全く変わりますが、今日は栗ご飯を作りました。おいしかった。やっぱり日本の季節感のある食事はすてきですね。
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2008-06-01 00:12 | お仕事

3ヶ月

仕事を始めて3ヶ月が過ぎました。最近ようやく仕事が楽しいなあ、と思えることも出てきて、勉強したいなあ、という気持ちも出てきました。やっぱり何でも最初の3ヶ月はつらいものなんですねーーー看護婦を始めたときの最初の3ヶ月と比べるとつらさは半分くらいだったけど、それでも知らない人、環境、そして英語・・・・とストレスの毎日でした。ようやく看護師はもちろんのこと、PT,OTの顔、医師の顔もなんとなくだけれどわかるようになってきて、落ち着いて仕事もできるようになってきました。最近では新しいスタッフにあれは?これは?ときかれることも多々・・・・来月からは新人さんが4人も入ってくるらしく、恐ろしい限りです。
 3ヶ月働いてみて・・・・の感想は、こっちの看護婦の仕事は専門性が問われる分、幅は狭い。というのは術後でも離床はすべてOTの仕事。採決や静脈注射は医師か専門看護師、社会的な援助(退院後の介護や家のこと)はPTそSW、部屋変えや環境整備は看護助手などなど、日本では全部看護師の仕事だったのにこっちではみんなそれぞれの専門職がやってくれます。ので看護師の主な仕事は経口投与の薬と静脈注射(ルートはとってあるのでつなぐだけ)と検温、そして傷の処置です。清潔援助や体こうなどももちろんしますが看護助手が手伝ってくれます。こういってしまうとすごく暇なような感じですが、実際は意外に忙しいのです。特に私の病棟は手術後の患者さんが多いので検温も30分おきだったり、観察項目が多かったり、と受け持ち患者が4人でも忙しいときはドタバタドタバタしています。
しかしいくら忙しくても時間外は一切なし!!時間にはぴったり帰れます。なので仕事中は一生懸命やっても仕事がおわればぱーっと開放されるので日本にいるときのようにストレスが発散されずにもんもんとすることはとっても少ないような気がします。人間関係もとってもライトなので仕事が終わればそれでおしまい、それ以外はみんな家族を大事にしているように思えます。職場での飲み会なんて考えられないもん!!私はそういう人間関係が結構好き。だってごちゃごちゃしないし気楽だもん。まだまだ医療英語、薬の名前は毎日が勉強だけど、この3ヶ月でこっちで看護師やっていける!!っていう自信がちょっとつきました!!まだまだがんばるぞ!!
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2008-01-29 12:45 | お仕事

他民族国家

今日はお昼からのシフトだったのですが、とても多国籍の患者さんを受け持ってとてもおもしろい一日でした。5人受け持ったのですが、一人目はスペイン国籍の5ヶ国語をしゃべれるという70歳代のおじいさん、2人目はカザフスタンから移民してきた50歳代の男性。3人目は香港から移住してきた40台の女性、4人目はニューージーランドからやってきた50歳の女性、そして60歳のAUS人の女性。一人一人話す英語のアクセントも違えばバックグラウンドも違う。どのくらいAUSに住んでいるの?から会話は始まり・・・・会話が止まらない、止まらない。それにしてもみんなAUSが大好き、とともに自分の国も好き。みんな自分の国のことを誇りに思っている。そういうのってすてきだなあ、と思った瞬間でした。私も移民の一人、こうしていろんな国の事情を聞きあっているとそれぞれの国にいいとこ、悪いところがあるけれどやっぱり住めば都。こうやってたくさんの人を受け入れてそれで成り立っているAUSっていう国は本当におもしろいし、こういう刺激のある国に住めて、働けている私は本当に幸せだなあ、と思うのです。
日本もAUSほどまでではなくてももう少し国際的な視野を広げていろんな国のいいところをもうちょっと吸収していったらもっともっとすてきな国になるんじゃあないかなあ?と思います!!
それでなくても魅力的な素敵な国なんだから・・・・・。そしてもうひとつ日本が誇れること。多くの国の人が日本人、そして日本に対していいイメージを持っています。それってすごいこと。そのおかげで私も気持ちよく、胸を張って日本人です!!って言えるのはとてもうれしいことです!!!日本人でよかった!!
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2008-01-20 00:18 | お仕事

7連続勤務

ただいま7連続勤務の真っ只中。ちょっとお疲れ気味です。
仕事にはなんとなく少しずつ慣れてきているものの、やっぱり英語の壁は厚いと感じる毎日。
しかしよい事もありました。というのは今月から自給がUPしたのです。1ドルとちょっとですが、それでも年収にすると30万くらいの差になります。ボーナスのないこの国でちょっとボーナスをもらった気になっている今日この頃。ちょっとうれしいです。
話は変わって、今日は私のいつもの病棟が患者数が少ないということでお隣の病棟へヘルプへ行ってきました。お隣は私の病棟よりもリハビリメイン。お年寄りの患者さんたちと座ってお話してきました。たまにはこういうのんびりしたシフトもいいかなあ?と。まあ、いつもだとちょっと飽きてきそうですが・・・・。
今日のシフトはシンガポール、フィリピンの看護士さんたちとお互いの御国事情を話しあい、やっぱいアジア人は働きすぎ・・という結果に。。。彼らも日本に負けず劣らずよく働いているようです。時間外勤務も普通・・・。すっかりAUSの労働環境になれてしまった今では、ほんと5分の時間外もえええ?って思うようになってしまった今、やっぱりもう日本では働けないなあ、と思った瞬間でした。AUSってやっぱり働くには最高の環境かも・・・。いくら英語に苦労させられているとはいえがんばらなくっちゃ!!!後3日・・・・頑張ります!!
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2008-01-12 23:01 | お仕事

落ち込んだ日・・・・

今週から2週間だけ違う病棟で働いています。というのも私の働いている病棟が2週間だけ閉鎖されたため。今週から働いている病棟は四肢の切断や骨折がメインのリハビリ病棟。ということで医療援助というよりは日常生活援助がメインとなります。
昨日は自殺未遂で全身骨折を追った女性(40さい)を受け持って精神的にへとへと。というのも自殺未遂したときに赤ん坊を連れて飛び降りをし、赤ん坊は死亡、自分だけ生き残ってしまったというつらさで一日中泣き叫んでいた・・・ので何と声をかけてよいのやら困りはて(おまけに英語だし)精神的に疲れ果ててしまった。その上に今日は初めての朝勤務。流れもつかめないのに入院やら徘徊するおばあちゃんの受け持ち人までなってへとへと。肝心のリーダーナースはまったく助けてくれない上に人の看護に一つ一つ文句をつけてくる。おまけに聞きにいくと言葉には出さないけれと何でそんなこと聞きにくるの?勝手にやってちょうだい!!との態度。最後のほうにはまたあのこ何か変なことやってるわ!!(何も間違った看護を提供してないのに)といわんばかりに大きなため息までつかれ・・・堪忍袋の尾が切れる寸前!!幸い切れることがなかったのは午後勤務のリーダーがいい人で、もういいから早く帰りなさい!!と優しい言葉をかけてくれたから。その優しい言葉にここ2日間でたまっていたものが涙として流れてしまった・・・・。幸い誰にも気づかれてないと思うけどもう心も体もへとへとです。
明日から年明けにかけて4連休なのがせめてもの救い。それにしても全く教えてくれないくせに、何も知らないのね・・って態度をとる人って本当に最悪。最初から知ってる人なんて誰もいるわけないのに・・・・。きちんとジュニアナースを教えることもできないのにシニアナースの顔して偉そうにしてるんじゃあない!!!って大声で叫んでやりたくなりました。
ふーーーーーーーーーーーーちょっとここで愚痴って気が楽になりました。
仕事のことは忘れて年明けまでのんびりするぞ~~~~
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2007-12-28 19:11 | お仕事

フライングナース!

ご無沙汰していました。というのも私のパソコンがこわれてしまい、日本語をタイプすることができなくなっていたのです。とりあえず日本語を打てる様に家のパソコンを変更することができ、何とかまたブログを更新できるようになりました。ほーーー
 仕事を始めて早8週間。毎日どたばたと英語と格闘の日々ですが、昨日は非常におもしろい仕事をしました。というのも、フライングナース!!簡単に言えば、患者さんの移送に付き添って700キロ離れた町まで小型飛行機で飛んできました。これはほんと、AUSでなければできない経験ですよね。とーてもおもしろい、貴重な経験でした。患者さんは50台の女性で首から上以外は自力で動かすことができません。ですからメインの仕事は水分補給と飛行機の中で快適に過ごせるようにお世話をすること。
朝6時に出勤!!とーっても早くてつらかったけど頑張って起きました。で救急車が7時に病院へお迎え、病院から飛行場までは約30分。この飛行場は普通の飛行場とは違って個人の飛行機や小さな会社の飛行機が使用する小さな空港。私たちが乗ったのは小さなプロペラ機。パイロットと私、患者さんでいっぱいいっぱいの小さな飛行機でした。9時前に離陸。かなり揺れてちょっと不安だったけれど、5分ほどすると落ち着き、すてきな海岸線の景色が・・・・なんともいえない感動でした。大きな飛行機とは違ってかなり低い高度の飛び続けるので常に下界が見えて大西洋の美しさに感動感動。パースの町も空から見たのは初めて。水と緑がきれいで、この町にすんでるなんて信じられないなあ、と感動を新たにしました。パースの町を出てしまうと後はひたすら続く海岸線とだたっぴろーーい大地。山もなければ川もないただただ広がる大陸。AUSの大きさを目の前にまざまざと見せ付けられ、患者さんをそっちのけで写真をとってしまいました!!(とはいうものの患者さんも笑顔で景色を堪能!二人ですてきな飛行を過ごすことができました)。1時間半ほど飛んでたどり着いたのはカルバリーという小さな町。飛行場もただの滑走路のみ。人っ子一人いないところに救急車と2人の救急隊の方が待っていてくれてそこで私の仕事は終了。患者さんに泊まっていけばいいのに・・・といわれながらも私はパイロットと二人でまた1時間半のフライト・・・帰りはお疲れ気味で一眠り。(なにせ早起きだったので)。それにしてもおいしいお仕事でした。またまたこんな仕事が日があったらいいなあ。
c0044810_20351983.jpg
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2007-12-23 20:27 | お仕事

2週間がすぎて・・・・

なんだかんだといいながら頑張っています。働き始めて2週間が過ぎました。すこしずつ病棟の流れがつかめてきたかなあ、という感じです。まだまだ慣れないところはありますが、なんとか1シフト1シフトごとこなしてます。それにしても2週間たって思うこと。結構暇・・・・。日本でどたばたドタバタしていた病棟勤務に慣れていたぶん、どうもこう余裕があると気持ち悪い感じです。何にもしてない時間が結構あるのです。まあ、平日の午前中は忙しいですが、週末ともなると患者数ぐっと減って患者さんも落ち着いているのでなーーんにもすることないなあ、なんて思いながら病棟をプラプラしています。まあ、そうはいってもまだまだ申し送りでわからない単語もいっぱい、わからない会話もいっぱいなので気を抜くことはできませんが、まあ、なんとかやっていけそうかなあ?と思っています。患者さんとの会話はとても楽しくなんとかなっているのですが、やっぱり医療英語の壁は高い・・・・。
今は8連続勤務の真っ最中。まあ、時間外勤務が5分たりともないのが救いの一つ、そういう意味では日本で勤務していたときのような疲労感は勤務が終わったともありません。なにせ必ず15分のお茶休憩がご飯の休憩以外にもとれるのですから^0^適度に休みつつ、適度に仕事をする。そういう意味でこの国AUSはすてきな国ですね。やっぱり。
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2007-11-17 22:58 | お仕事

教育方法の違い

7連続勤務が始ってまだ3日目。気持ち的にはもう2週間くらい働いている気分。ふう・・・・疲れた。というのもやっぱり慣れない環境のせい。おまけにこっちの新人教育は結構適当。質問があれば聞いて!!ってことでとりあえずやってみて!!みたいな感じです。日本みたいに極力後からの質問を減らすために最初に生徒にいっぱい詰め込んでおく!!なんてことはしません。なので実際、入院のアナムネの取り方だとか記録の書き方だとか・・・・適当にやっていて・・・あれここ抜けてたあそこも抜けてた・・・ってことがいっぱい。もちろん薬のことは非常に注意してやってるから患者さんに被害が及んだりすることはないんだけど。おまけに私の病棟は長くても1週間早い人はその日に帰ってしまうので記録を明日書き直す!!なんてことはできません。もう次の勤務の時は患者さんが入れ替わっているのです。いいのやら悪いのやら・・・嫌な患者さんの場合はそう長くつきあわなくてもいいので気が楽!といえばそうかもしれませんが、せっかくいろいろ話が出来るようになった患者さんが次の日にいなくなってしまっているのはちょっと寂しい限りです。とりあえずこの病棟のルーチンに慣れてしまえばそうそう難しいこともなくなるんだろうけれど、今は術式に始まり、薬の名前、果ては物品の位置から病室の場所まで探すのにオタオタ、無意味にいっぱい歩き回っているようなきがします。たまに暇な時間ができると何をしていいのかもわからずウロウロウロウロ・・・・早く落ち着いて仕事ができるようになりたいものです。英語の壁を感じる毎日だけど、結局は今出来る以上のことはできないから!!とやや諦めモードで笑顔だけはしっかり振りまいています。ほーーー早く一月くらいたたないかなあ???
休みがものすごく待ち遠しい今日この頃です。
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2007-11-09 22:00 | お仕事

病院で・・・・

ご無沙汰しています・・・・
とうとう、先週から病院で看護師として働き始めました。最初の3日はオリエンテーション。後の2日が病棟でした。結果として・・・・やばい!!って感じでしょうか。
病棟での仕事に関しては慣れてしまえばそんなに大変なことはないような気がするのですが、やはり英語!!コミュニケーション!!です。患者さんとの会話は必要なことはどうにか伝えられるし、聞き取れるのですが、看護師同士の申し送りや医師からの指示などなど、聞き取れないこと多々・・・撃沈です。なんかもう英語なんて話したくなーーい!!って思いっきり叫んでやりたい気分でした。その後、4日間の長いお休み・・・・で、いざ、明日から恐怖の7連続勤務です。いきなり始ったばかりの新人ナースによくも7日連続勤務なんかつけたものだと、マネージャーをちょっと恨んでやりたい気分です。緊張の糸がそうそう長く続くものかとても不安。さっそく行きたくない病にかかっているようです。日本で初めて看護師として働き出した時のあの不安感とプレッシャーをちょっと思い出しました。とにかく出来る範囲で頑張ってみます。
[PR]
by yukidaruma-snow7 | 2007-11-06 23:13 | お仕事